FC2ブログ

空き巣被害の7割は窓ガラスから ~防犯フィルムによる対策の検証~

ここ数年、侵入窃盗のなかでも空き巣による被害が急増しています。

グーグルで「防犯対策」と検索すると警視庁や民間のセキュリティ会社や個人の方のブログなど
多数のページがでてきます。

防犯への意識は年々高まってきているようです。

一口に防犯対策といっても様々な方法があると思います。
今日は防犯フィルムについて考察していきたいと思います。


空き巣被害の中で最も多いのが窓ガラスを割って侵入する手口です。
実に7割!を占めているのが現状です。

手慣れた犯人の手にかかると、ほとんど音もださずに1分とかからずガラスを破ってしまうそうです。
その為、多くの泥棒が窓ガラスから侵入を試みます。


防犯フィルムの役割は侵入する際の窓ガラスの破壊や貫通にかかる時間を長くさせることです。


窃盗犯の大半は、侵入に要する時間が5分を超えるとあきらめる可能性がとても高くなるという統計があります。
防犯効果の基準の一つとして目的を達するまでに5分以上かかるかどうかはポイントの一つです。


防犯フィルムはどうして侵入にかかる時間を長くさせることができるのでしょうか

防犯フィルムの基本効果は飛散防止です。
飛散防止フィルムは市販でも多くのものが販売されています。


☆飛散防止フィルムと防犯フィルムの違い
それはフィルムの厚みとなります。

一般的な飛散防止フィルムは50~70ミクロンという厚みです。
※1ミクロンは1000分の1ミリ

対する防犯フィルムは391ミクロン(住友3M製 SH15CLARーA)
飛散防止フィルムの5~7倍の厚みとなります。

厚みによる防犯性能を実証する試験が国民生活センターにて行われたことがあります。
厚さの違う3種類の防犯フィルムを貼ったガラスの防犯性能を測定した試験です。

結果ではフィルム厚が厚いほどガラスの耐久性が高いことが実証されています。
   ※実証試験のより詳しい内容は防犯ガラス・防犯フィルムの性能をご覧ください。


この試験では別に防犯フィルムの「全面張り」と「部分張り」についても考察をしています。

同じ厚みの防犯フィルムを貼り窓を破るまでに
打撃回数が全面張りで7回、部分張りで2回という結果がでています。

一連の結果より
フィルムが厚い > フィルムが薄い
全面張り    > 部分張り

防犯性能については上記のことがわかります。
報告書には補助錠と合わせることでより防犯性能が高いことも付け加えてありました。


しかし大切なことは防犯フィルムを貼っても5分以上かけて時間をかければ窓ガラスは開いてしまいます。
防犯フィルムは窓ガラスを割って侵入する窃盗犯に時間をかけさせる防御手段の一つです。

問題は守りたい窓ガラスはどの部分なのかです。
人目につきやすい場所、そうでない場所

人目につきやすいのであれば逆に防犯フィルムではなく簡易的な対策でも十分かもしれない…
それでもできるだけの対策はやっておきたい…

これは自分自身が安全をどのように考えるかということになると思います。
ご自身の住宅や環境を客観視し、じっくり点検・検討することが必要です。




株式会社ウェイフォーメーション
コーティングの、大切さを、わかりやすく。
お問い合わせ 0120-160-320
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご訪問ありがとうございました。

初めて一戸建てを購入し、なんとなく聞いてた「防犯」「エコ」などを改めて勉強しなきゃな~と思ってます。
賃貸のように、ほぼ使い捨てのような住み方ではなく、
自分たちで守り、修繕し、省エネに過ごす方法を、いろんな形で吸収しなきゃですね。

No title

ご訪問ありがとうございました。

初めて一戸建てを購入し、なんとなく聞いてた「防犯」「エコ」などを改めて勉強しなきゃな~と思ってます。
賃貸のように、ほぼ使い捨てのような住み方ではなく、
自分たちで守り、修繕し、省エネに過ごす方法を、これからもご享受ください^^

No title

なすび号さん
メッセージありがとうございます。
これからずっと過ごされるお家。
手をかけただけ愛着が増していくんでしょうね。
ご新築おめでとうございますv
プロフィール

ウェイフォーメーション

Author:ウェイフォーメーション
【フロアコーティング専門店】
新築・中古・在宅中のフロアコーティングを施工。
関東全域に対応しています。
最新のナノガラスを用いたコーティングを扱っています。数ある床材の一つ一つを丁寧に研究し、各床材に合わせた施工が特徴です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる