FC2ブログ

今、知っておくべき住宅のコト~国土交通省の動きから今後を考える~


2013年 7月7日の日本経済新聞に興味深い記事が掲載されていました。

「中古流通への新基準」

現在の新築重視の政策から国が既存のストック住宅へ目を向けた記事です。

日本の不動産の価値基準に以下のものがあります。
「建物は年率5%で減価し、20年程度で価値ゼロとみるのが商慣習として定着している」(東京カンテイ)

日本の今までの不動産は【スクラップアンドビルド】と呼ばれ
既存の住宅を壊して新しい住宅を建てることが重視されています。
これからの日本を考える上で人口減少や景気の減速・環境問題などは外せないと思われます。
往来のスクラップアンドビルド型ではこれらの問題を解決できない時期に差し掛かっています。

そこで国土交通省は「中古流通への新基準」としてこれからの不動産市況に
必要な対策を検討し始めたということです。
対策の内容や税制の優遇など、全てはこれからですが国が必要性を認めたということは大きな一歩だと思います。

今後、大きな流れとして中古物件の価値は大きく見直されると考えられます。
住宅のメンテナンス履歴や修繕箇所の情報やリフォーム履歴などの情報を一元管理も検討しているようです。

新築を購入した所有者が住宅へかけた手間やコストが建物価値に反映されてくるようになるということです。
今までもそうですが、今後はより大切な住宅を長く良い状態で保つ努力が必要です。




株式会社Way-formation
フローリングコーティングについてはこちらから
お問い合わせ 0120-160-320


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

プロフィール

ウェイフォーメーション

Author:ウェイフォーメーション
【フロアコーティング専門店】
新築・中古・在宅中のフロアコーティングを施工。
関東全域に対応しています。
最新のナノガラスを用いたコーティングを扱っています。数ある床材の一つ一つを丁寧に研究し、各床材に合わせた施工が特徴です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる