FC2ブログ

ウッドワン コンビットストライプを滑りにくくコーティングする事で愛犬にとって優しいフローリングになりました。

今回は【すべらないコーティング】をご紹介します。

主にペットを室内で飼われている方に効果的なコーティングになります。
フローリングとペットの肉球の相性はよくありません。

ペットの足の滑りは関節を痛めます。そんな事が日々続いていくと炎症を起こしたりします。
ペットは言葉をしゃべれないので、痛みを訴える事ができません。

【施工前】
IMG_3230.jpg

床材はウッドワンのコンビットストライプになります。

【施工後】
IMG_3231.jpg

コーティングは床にグリップが付きとても滑りにくくなります。
ペットの肉球にしっかりフィットするのが大きな特徴です。

ワックス掛けなどのメンテナンスも必要ないので、新築時にコーティングする事が効果的です。




フロアコーティングの大切さをわかりやすく

ウェイ フォーメイション 0120-160-320

公式ホームページ http://www.way-f.com/
スポンサーサイト



人間と犬にとって過ごしやすい環境とは?

「愛犬がフローリングを滑っているのを見て皆様は何を連想されますか?」

犬は人間と違い言葉を話せません。足が痛くても「痛い」とは言えません。
気ずかない内に愛犬の足腰はどんどん弱っている可能性があります。

最近、よく問い合わせでの、お客様のお悩みは
「ウチのワンコが滑るの何とかなりませんか?」
「フローリングで粗相を何とかしたいんですが?」

などが多くなってきています。もちろん「しつけ」を徹底する事である程度改善はできますが、
犬の性格は犬種によって様々で、なかなか完全に改善する事は難しいようです。

そんな負担を少しでも和らげる為に今日も施工に行って参りました。」

【施工前】
IMG_2846.jpg

フローリングはくすんでしまいワックスは剥げ床はツルツルの状態です。
床面を保護する事は出来ず汚れが染み込みやすい状態です。

床をコーティングする前に綺麗にしていきます。
剥離剤をまいて床面を徹底的に洗浄していきます。

【剥離後】

IMG_2847.jpg

これでコーティングをする準備が整いました。
ここまでの所要時間が3時間から4時間くらいです。

【コーティング後】

IMG_2848.jpg

ここまでで6時間から7時間ほどです。

フローリングは強力な塗膜で覆わました。
愛犬の肉球にもしっかりフィットし、おしっこやよだれが垂れても問題がない床に変化しました。

しかもこの状態が10年ほど継続できるので、日々のお手入れもラクチンです。
また、犬にとっても優しい床になっています、舐めたりしてしまっても安全な塗料を使用しています。




フロアコーティングの大切さをわかりやすく

ウェイフォーメイション 公式ホームページ http://www.way-f.com/

お問い合わせは0120-160-320
メールでのお問い合わせ https://www.way-f.com/inquiry/

新築戸建てシリコンコーティング 床材 朝日ウッドテックライヴナチュラル (ペットや小さなお子様にも安心の床です!)

今回は【滑りにくいコーティング】をご紹介致します。

ペットを室内で飼っているけど、ツルツル足を滑らせてしまって・・・・・
小さな子供が、走り回って転倒しないか心配・・・・・

などのお悩みを抱えて、ご依頼いただくお客様は多いようです。

【施工前】

ライブナチュラル・シリコン施工前

画像は施工前の状態です、このままでも生活に支障はありませんが、小さなお子様やペットを飼われている方には不安な要素は
含まれています。今回の【滑らないコーティング】はワックスよりも耐久性が高く、グリップ効果も非常に高いのが大きな特長です。

【施工後】

ライブナチュラル・シリコン施工後

その他にも【耐傷性】 【耐摩擦性】 【耐水性】 【耐薬品性】 などにも強いので、ペットのオシッコやよだれなども安心です。

コーティング作業は状況にもよりますが、一日あればお引き渡し可能になります。
朝9時くらいから夕方にはといった流れです。

その他にもご不明な点はお電話やメールでご対応の方をさせて頂いております。

お電話でのご対応 0120-160-320
メールフォーム    https://www.way-f.com/inquiry/




フロアコーティングの大切さをわかりやすく

ウェイ フォーメイション  公式ホームページ http://www.way-f.com/

室内犬とフローリングの関係

今回は室内犬と一緒に住まれている方
これからペットを飼おうと思っている方へフローリングとの相性をテーマに
していきたいと思います。

よくフローリングで犬がツルツル滑っている事を見ると
「愛くるしい」とか「カワイイな」などを連想される方も多いですが、

関節疾患や骨折など大きな事故につながるケースも少なくありません。

特に小型犬は足腰が弱い犬種も多いので色々な対策をされている方も多いですね。

ではどの様な対策をしているかピックアップしてみました。

【滑り止めマットを敷く】
【滑り止めワックスを掛ける】

ここの対策でワックス掛けをしているお客様から良くある問合せが

「イヌのおしっこやヨダレで床のムラが気になる」
「ツルツル滑って困っている」

事が良くあるので実際画像でご覧頂きたいと思います。

IMG_0041.jpg

ワックスはところどころ禿げで黒ずみも目立っています

フロアコーティングは耐久性も強く犬のおしっこやヨダレにもムラにならず
滑りにくい状態に床が変化します。

IMG_0053.jpg

これでペットも滑りにくくなりワックス掛けも必要なくなり。

お掃除の手間もお時間もワンチャンも安心できる。

これがもうひとつの提案です(^-^)




フロアコーティングの大切さをわかりやすく

way-formation 0120-160-320

公式ホームページhttp://www.way-f.com/ 

朝日ウッドテックに滑らないコーティングでワンちゃんも安心だワン!

皆さんこんにちわ(^◇^)

今回はすべらないお話を(笑)、、、ではなく滑らないコーティングをご紹介致します!

今日お邪魔したのは、神奈川県相模原市のとある、一戸建てになります。
今回のお客様は、小型犬を飼われていて、ワンちゃんが滑ってキズがついたり、滑って関節を痛めてる事などを心配しているとの事です。。。

と言う事で、フローリングにグリップを付ける事でワンちゃんと安心して新生活をスタートして頂く為の作業開始です!

まずは恒例の下地チェックから。
01b28d7bb1fa4ee1917fd79cca598dc5e46e9901ed_00001.jpg

新築ですが床の角度、光の当たり方によって、この様な汚れはコーティングの天敵です。

0149c5bc31bcd41d07d52ddd870022fb60a9fe288b.jpg

さて下地処理も大方終わりました、、、
コーティングは下地処理9割と言われています。ここが仕上がりに直結するので、確認作業は怠れませんね(^_-)-☆

01170033b9ced1fe99b6eea9f4a3b05bfc34065a38.jpg
0184d20c217576b18e65ded91fb6ede41a41a099cb.jpg

↑コーティング前になります。                                                                               

017ff72cc37cfdb3c027bd9401fa84d824c0cb2310.jpg
0157f172e82ece683a7c056fce0bcbfe692323b739.jpg

↑コーティング後になります。
       


ちなみに床材は朝日ウッドテックのライブナチュラルです。
弊社のフロアコーティング施工実績も豊富でコーティング剤との相性もバッチリです(^◇^)

さて今回、ご紹介した滑らないコーティングですが・・・滑りにくさは、未施工に対してなんと1.7倍も滑りにくくなります。

犬の肉球にもしっかりフィットするので
ワンちゃんの足が滑って関節や脱臼などの心配もしなくて済みます。

コーティングの膜に対薬品性も備わるので
万が一オシッコをしてしまっても床が変色したりムラになる事もありません。

飼い主さんもとっても安心できる床なのです。

更に約10年位はワックスなどを掛けなくても、キレイな床を保てます。
(水拭きや除光液などにも耐久出来、犬が床を舐めて問題ありません)





フロアコーティングの大切さをわかりやすく

ウェイフォーメーション  0120-160-320

公式ホームページは左記のリンクからご覧下さい。
プロフィール

ウェイフォーメーション

Author:ウェイフォーメーション
【フロアコーティング専門店】
新築・中古・在宅中のフロアコーティングを施工。
関東全域に対応しています。
最新のナノガラスを用いたコーティングを扱っています。数ある床材の一つ一つを丁寧に研究し、各床材に合わせた施工が特徴です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる