FC2ブログ

徹底解説!「ワックス剥離(はくり)作業」

 
「ワックス剥離(はくり)作業ってどのような作業ですか?」


フロアコーティングをご検討されている方や居住中のお客様などからよく聞かれる質問です。
ワックス剥離! すなわち ワックスを剥がして元の自然なフローリングの状態にすることです。

写真 (39)

フロアコーティングを施工するためには、ワックスを剥がすことが必要です。
きれいに剥離したフローリングにコーティングすることで、性能をフルに発揮させることができます。


新築物件でも建設業者様がサービスワックスを塗布していることは多くあります。

また居住中の方の施工の際はご自身でかけられたワックスを剥がしてからのコーティング作業となります。
剥離するだけでも、ワックス表面の汚れや不純物も一緒に除去できるのでビックリするぐらいキレイになります。
こんなに汚れていたのかと驚かれるお客様ばかりです。
剥離したあとはとても衛生的になります。



フロアコーティングの仕上がりには剥離作業の技術・丁寧さ・スピードが大きく関わってきます。
完璧な剥離作業にはとてもたくさんのポイントがあります。
専門的なことが多くなってしまうので、ここでは3つのポイントをご紹介します。

1、事前情報の確認
  剥離作業を行うフローリングの正確な情報を確認します。
  フローリングの基材・表面材の内容を調べます。
  組み合わせや材質によっては床材への負担を考えると剥離作業が適さないものもあります。


2、剥離剤 の選択
  以前はアルカリ性の剥離剤が一般的に多く使用されてきました。
  しかし床材への負担が大きく水分も多量に使用する為、不具合がでるケースがあります。
  
  当社は中性の増粘タイプの液剤を使用しています。
  増粘になったことで床材の内部への浸透が軽減し
  フローリングへのダメージを少なくすることが可能です。

  剥離2   剥離1 
 
  アルカリ性剥離剤の方が反応が強いので作業自体はラクになります。
  またコストも安くなることが多いです。

  しかし、ここをおろそかにすることが一番危険です。
  床材への負担が大きくなってしまうからです。  

3、作業効率と正確性
  剥離作業は経験が重要です。
  早すぎても遅すぎてもダメなんです。
  剥離剤が塗布されているワックスと十分に反応してるかを見極めます。
  これが早すぎてはきちんと剥がせません。
     遅すぎてはフローリングに余計な負担がかかってしまいます。
  

フロアコーティングの仕上がりの良し悪しは剥離作業によって変わってきます。
蓄積したノウハウと使用する液剤や道具を選ぶことが大切です。
    
  
株式会社Way-formation  フロアコーティングの、大切さを、わかりやすく。
お問い合わせは 0120-160-320

スポンサーサイト



フロアコーティングをする前に新築フローリングの知っておくべきコト ~キズ・めくれ~

 
意外かもしれませんが、新築のフローリングにもキズってあるんです。



写真 (34)    写真 (33) 


建設中に出来てしまったと思われるものや、販売中の内見時についたものなど様々です。
生活を始めるまでの間にも、たくさんの業者や物件を見学に来るお客様など多くの方が出入りするので
どうしても小さなキズや床面がめくれたような跡などがついてしまうケースがあります。


フロアコーティングを施工する前にお客様とご一緒にフローリングの状況を確認します。

「このキズ、何とかなりませんか?」
「目立たないようにすることはできますか?」


多くの声を頂きます。

私たちもお客様の新生活を気持ちよくスタートしてほしいと願っています。


フロアコーティングを施工するために、とても大切なことがあります。

徹底した下準備です。
この工程がどれだけ丁寧で的確な作業ができるかが各施工会社の腕の見せ所だと思います。


施工する面としない面の境界をつくる養生作業から始まり
ワックスの剥離作業や事前清掃・床材の特性に合わせた下地処理。
季節・気温・湿度・天候を加味したコーティング塗布前の準備。


挙げだしたらキリはありません。


その中にキズを発見した際の対処も含まれます。
キズの状況により出来る処置は様々です。

少しでも目立たなく処理することで仕上がりにも大きく影響がでます。


~~補修の一例をご紹介します~~

写真中央部の白っぽくなってしまっている箇所があります。
フローリングの1ピースの角部分にめくれができてしまっています。

今回のケースでは同系色のパテ埋めをして目立たなくさせる方法をとりました。

      【補修前】                   【補修後】
写真 (35)   写真 (36) 


大分目立たないようにできたのではないでしょうか。
こうした補修作業した後にフロアコーティングを施工していきます。
フロアコーティングを施工することでキズやめくれの発生を軽減することに繋がります。




☆☆フロアコーティング施工前のお立会いの際に気になる箇所は何でもお申し付けください☆☆

キズによっては目立たなくするコトが難しいものもあります。
出来る処置のご提案や仕上がりのイメージなど事前に必ずご説明させて頂きます。


スタッフ一同、大切なことを、わかりやすく、お伝えすることを一番に考えております。


株式会社ウェイフォーメーション
ホームページ フロアコーティングの、大切さを、わかりやすく。

お電話でのお問い合わせ 0120-160-320
メールののお問い合わせ  info@way-f.com
プロフィール

ウェイフォーメーション

Author:ウェイフォーメーション
【フロアコーティング専門店】
新築・中古・在宅中のフロアコーティングを施工。
関東全域に対応しています。
最新のナノガラスを用いたコーティングを扱っています。数ある床材の一つ一つを丁寧に研究し、各床材に合わせた施工が特徴です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる