FC2ブログ

フローリングは木で出来ていると思っていませんか?いま主流になっている「シートフローリング」を徹底解剖します。


「フローリングは木で出来ている」
ほとんどの方がこう思っているのではないでしょうか?



現在は発売されているマンションや一戸建ての多くは
木目のプリントを利用した「シートフローリング」というものを使用しています。
見た目は「木」に見えますが、実際は印刷した多層フィルムを貼り合わせた構造です。

実際にお客さまとお話していると、これからお引越しされるお住まいのフローリングが
木製ではないことに驚かれる方が多くいらっしゃいます。

よーく見ると人工的な造りになっていることがわかります。
※5~7倍程度のルーペや虫眼鏡で表面を観察するとプリントのドット柄が見えてきます。


往来のフローリングは基材の表面に単板といって薄くスライスした天然木を貼り合わせていました。
それが2005年頃から少しずつ変化してきます。
天然木ではないプリントシートを貼る「シートフローリング」が登場のです。

このタイプのフローリングは
施工性の高さや材料原価の安さから多くの建設会社が採用し始めました。


シートには大きくわけて2種類があります。
木目が印刷されている「オレフィンシート」、プリント表面に張り付けられた「透明エンボスシート」です。


表面シートは衝撃にとても弱く、ひっかき傷や摩擦で簡単に破れることがあります。


メーカーはこれらの弱点を補う為に表面部分に特殊な加工をしています。
代表的な加工にEB(電子線)処理があります。

EB処理を行うことで強度をもたせ、性能を高めています。
この処理により、フローリング表面はワックスを弾くようになります。

いわゆる「ワックスフリー」といわれる床材です。


しかし加工処理されている膜はとても薄く設計されているので
表面にキズやめくれが発生してしまうと、フローリングの劣化の進行を止めることが難しくなってしまいます。


またここでもうひとつ大切なポイントがあります。

シートフローリングの基材の材質です。

基材の材質はMDFとよばれる木材を繊維状にしたものを圧縮したものが採用されていることが多くあります。
簡単に言うとダンボールをつよく圧縮したようなものです。

よくフローリングの商品説明に「耐キャスター性」や「クッション性」の性能紹介があります。
これはMDFを使用することで基材が柔らかくなることからの性能です。


しかしこの素材はとにかく水に弱いのが特徴です。


基材であるMDF部分に水分が浸入すると圧縮された繊維質に水を含み始めます。
そうすると表面のフクレや過度な劣化の進行が起こってしまいます。

その為、メーカーはフローリングのお手入れの説明に
「硬く絞った雑巾などで水拭きした後にすぐに空拭きしてください」といった記述を設けています。


つまり新築のお宅でもフローリングを水を使ってお掃除してはいけないということです。


往来の天然木に基材が合板といった昔ながらのフローリングであればそこまで問題はありませんでした。
水を使わないで衛生的に綺麗にフローリングを保つことは大変です。


そこで表面シートをしっかり保護することが大切になってきます。
薄く設計されたシートの特殊加工の上に、より強い保護膜を形成することで
上記の劣化を大きく軽減することが可能になります。


フロアコーティングはワックスと違い、床面と強固に密着させることで性能の高い膜を形成するものです。
耐水性も飛躍的に向上するので水拭きによるお手入れができるようになります。

合わせて帯電防止効果が付加され、ほこりが浮きやすくなります。
お掃除道具での除去が簡単になるのでお掃除の負担の軽減にも繋がります。


新築を購入する際は、物件の立地や設備・価格の相場・間取り・お子さまの生活環境など
非常に多くのことを検討しなくてはなりません。

なかなかフローリングの性能まで気がまわらないのが現状だと思います。

フローリングのことだけでなく、多くの本当に注意しなくてはならないことは
実際に生活を始めてから気づくことがほとんどです。
そういったことに少しでも多く言及することが本ブログの趣旨でもあります。


今回の記事がこれからの新生活への少しでも参考になれば幸いです。




株式会社ウェイフォーメーション
コーティングの、大切さを、わかりやすく。
お問い合わせ 0120-160-320

スポンサーサイト



テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

徹底解説!「天然木ツキ板フローリング」

 
現在の住宅に採用されているフローリングは複合フローリングが主流となっています。

複合フローリングとは、基材の集成材やMDFの表面に木材や不燃性プラスチック素材などを張り合わせた床材を指します。
※この辺の分類については フローリングについて勉強しよう を読んでみてください。 


表面層が木材で構成されている「天然木ツキ板フローリングにスポットを当ててみたいと思います。

ツキ板とは原木を0.2mm~0.5mm程度に薄くスライスした単板です。


393518.jpg    ヒノキ原木 


天然木の魅力は何と言っても、自然が創り上げた1本1本の個性だと思います。
世界中探しても同じ木目は存在しないって自分だけの価値を感じられますね。


写真の丸太から製品になるまでの工程もたくさんあるんです。

1 選木  
  原料となる木材は日本だけでなく世界中から集められています。
  主な原産地に、北アメリカ・東南アジア・北欧・オセアニアなどが挙げられます。
  原木を選木するには経験・知識のある専門家の確かな眼が必要だそうです。

2 製材  
  原木から樹皮を剥がします。
  「帯のこ」と呼ばれる大型ののこぎりを使い製材していきます。
  このときの刃の切れ味が重要です。切れ味を保つのも仕事の一つです。

3 煮沸
  製材されたものを1~2週間程度、煮沸します。
  これは次の工程の切削に適した硬さまで柔らかくします。
  また煮沸することで灰汁が抜けることが木目を美しくすることに繋がります。

4 切削
  煮沸して柔らかくなった木材をスライサーにかけ薄いツキ板の原型を形成します。
  この工程が完成時の美しい木目が出るかどうかのポイント段階です。
  職人の腕の見せ所です。
  薄くスライスする技術は日本の素晴らしい研究開発の成果でもあります。

5 乾燥
  切削されたツキ板を適正な含水率になるまで乾燥させます。
  ここでは低温で乾燥させることが大切です。
  一気に乾燥させてしまうとツキ板に割れが起きてしまいます。
  どこまでも丁寧に作業しなくてはなりません、

6 張付
  いよいよ基材と貼り合わせる工程です。
  基材に専用の接着剤を塗布し丁寧に張り付けていきます。
  手作業にて隙間がないかを注意深く確認しながら進めていきます。
  貼り合わせたツキ板に高圧のプレス機でしっかりと圧着させます。

7 塗装
  製品により塗装が行われます。
  クリア塗装・着色塗装の2種類があります。
  着色されたツキ板に重厚感や光沢感を加えるためにウレタン塗装を行います。



このようにしてフローリングは作られています。


わたしたちはフローリングに更なる機能・価値を加えるフロアコーティングを施工しています。
一人一人の職人がフローリングの構造や工程をしっかり理解することがとても大切です。

≪天然木ツキ板フローリングにガラスコーティングした写真≫
左半分が未施工面・右半分が施工面
    ↓
左未施工、右施工直後     施工直後 (2) 

天然木ツキ板タイプのフローリングはガラスコーティングの落ち着いたツヤ感がよく似あいます。
美しいオリジナルの木目をきれいに長く保ちます。


「フローリングのことを誰よりも理解すること」が安全で美しい仕上がりに欠かせません。


株式会社Way-formation
ホームページ フロアコーティングの、大切さを、わかりやすく。

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

【お役立ち情報】フロアコーティングの硬度9Hとは

 
お客様からよく頂くご質問についてご紹介させて頂きます。

「フロアコーティングの性能によく使われる硬度~Hってどういうことですか?」

確かに言われてみると、わかりにくい表現かも知れないですね。
業界の関係者でも本当はどういうことか正確に分かっていない方もいるのではないでしょうか?


まさか当社にそんなスタッフはいないと信じています…(笑)



コーティングの性能を紹介するにあたり、塗膜の硬さを数値化することを目的としています。

使われている単位の H とは鉛筆の芯の硬さなどでも使われている単位です。
鉛筆の芯の単位と聞くと少しイメージが湧いてくるのではないでしょうか?

H、2H、3H・・・と数値が上がるほど硬いことを意味しています。


JIS(日本工業規格)規定の引っかき硬度試験を行うことで塗膜の硬度を表してくれます。

JIS(日本工業規格)とは??
 →日本の工業標準化の促進を目的とする工業標準化法に基づいて制定される国家規格です。


それでは試験方法について下図を使って説明させて頂きます。
             ↓
硬度試験 

             
●鉛筆(三菱のユニ)を柔らかいものから順番に塗膜層に押しつけて測定していきます。
 →図の装置を使用し角度や方向に一定の条件を設定しています。

●塗膜層にキズ跡が生じるまで硬度を上げて試験を繰り返していきます。

●キズ跡の生じなかった最も硬い鉛筆硬度を塗膜の性能として表現することができます。


~各コーティングの硬度目安~

ワックス          2B~B
水性ウレタンコーティング  2H
シリコンコーティング    4H~5H
UVコーティング       5H~6H
ガラスコーティング     8H~9H


ガラスコーティングの商品の詳細はこちらをご参照ください。



最後までお読み頂きありがとうございます。

フロアコーティングについての詳細はこちら
フロアコーティングについてのお問い合わせ 0120-160-320

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

『フローリング』について勉強しよう

フローリングって当たり前ですけど、たくさんの種類があるんです。


今日は『フローリング』についてお話させてください。

フローリングには大きく分類すると2種類あります。


「無垢フローリング」と「複合フローリング」と呼ばれるものです。

無垢フローリング →原木をそのまま切り出して生成したものです。
            乾燥によって生じる素材自体の変形や割れ・めくれ
            が生じにくい特徴があります。

複合フローリング →合板やMDFを基材とし、表面に木材を薄くスライスしたものや
                                        木目調に印刷したオレフィンシートなどを張り付ける構造を
                                        もったものです。

            ※MDFとは木材を粉末化し繊維状に圧縮した材料です。



   新築住宅やマンションなどで、現在多く採用されているのは「複合フローリング」です。

   今日は家庭用に広く使われている「複合フローリング」についてご紹介したいと思います。


複合フローリングを更に細分化するには表面部分に注目することが必要です。

天然木化粧    →天然の木をフィルム状に薄く加工したものを表面材としている。

特殊加工化粧   →合成樹脂や塗料・プラスチック・紙などに特殊な加工を施したものを
                                      表面材としている。


   では、特殊な加工とは何かをもう少し詳しく説明します。

   現在、各メーカは新しい技術を用いて新商品を開発しています。

≪主な表面加工≫
EB処理       →EB(Electron Beam)と言われる電子線を表面フィルム部分に照射することで
           表面を硬化させ耐久性を向上させる技術

UV塗装       →アクリルやウレタン樹脂を表面に塗り、UV(紫外線)をあて硬化させる技術




複合フローリングは無垢材に比べると施工がしやすいことや色のバラつきなどがなく安定しています。
材料にかかるコストも軽減できることから、現在の住宅の主流材料となっています。

5~6年前から多く出ているシートフローリングは日本の高い印刷技術により、本物の木目と
わからない完成度をもっています。

しかし、表面部分はとても薄いためシート部分にめくれや剥がれが生じてしまいます。
加工されているのはあくまで表面部分ですので、溝やキズ跡からの劣化を防ぐことは難しいと言えます。

そのような問題の対策としてフロアコーティングがあります。
長期間、床の機能・美観を維持をお考えのお客様から多く選ばれています。



最後まで読んで頂きありがとうございました。

株式会社Way-formation
ホームページ  フロアコーティングの、大切さを、わかりやすく。

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

【フロアコーティング用語】ナノコンポジット技術とは…

『ナノコンポジットってどういうことですか?』


最近、お問い合わせのときによく聞かれるようになりました。
ので簡単にご紹介したいと思います。


フロアコーティングの中でも最新の技術が使われているのはガラスコーティングです。


ガラスコーティングにもいくつかの種類がありますが…

現在の最先端ガラスコーティングに使われている技術がナノコンポジット技術です。


ナノコンポジットとは、素材を1~100ナノメートルの大きさに粒子化したものを、別の素材に練りこんで拡散させた複合材料のことです。
ナノコンポジットの形成により、引張強さ、弾性率、熱変形温度等の様々な物性が飛躍的に向上します。


この技術を応用することでフローリングの非常に硬い膜を形成しながらも割れることがなく

フローリングを守ることが出来るようになったのです。

フロアコーティングが劇的に進化を遂げたのはナノ技術のおかげと言っても大袈裟ではないと思います。


ナノ技術は身の周りの多くの商品に応用されています。

半導体や高性能電池と言った、いかにも使われていそうなものから

白物家電や化粧品、日用品の中にも歯磨き粉や芳香剤・フライパンにまな板……

様々なものに応用されています。


世の中をとても便利で快適にしてくれている技術といえますね。

素晴らしい技術を生み出す科学者の方々にはホント頭が下がります。

プロフィール

ウェイフォーメーション

Author:ウェイフォーメーション
【フロアコーティング専門店】
新築・中古・在宅中のフロアコーティングを施工。
関東全域に対応しています。
最新のナノガラスを用いたコーティングを扱っています。数ある床材の一つ一つを丁寧に研究し、各床材に合わせた施工が特徴です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる