FC2ブログ

新築に潜む目立ちにくいキズを解説します。

今回は新築戸建にガラスコーティングをして参りました。

新築と聞くと、「床にキズなどあるわけない!」

と思われる方が普通思われる方が大半だと思います。

まずはこちらの画像をご覧下さい。

IMG_1324.jpg

家を一棟建てる際に色々な職人さんが出入りします。
何か工具を床に落としてしまい床面にキズがついてしまう事は良くあるのです。
実際はよく床面を見ないと発見できないことも多いですので
内覧会などに行った際は参考にして頂ければと思います。

IMG_1325.jpg

もちろん手直しをしてからコーティングをしますので、ある程度目立たなくする事は可能です、

また床を見る角度によっては見えにくい補修後もあります。

IMG_1323.jpg

上から見ると何もないように見えますが
角度を変えてみてみると。。。

IMG_1322.jpg

これも補修後の一部になります。

以外と目に付きにくい所に補修しているケースも良くありますので参考にして頂ければと思います。




フロアコーティングの大切さをわかりやすく

Way-Formation 0120-160-320

公式ホームページはhttp://www.way-f.com/
(フロアコーティングや日常生活のお手入れ方法などお役立ち情報満載です。)



スポンサーサイト



カビ対策と発生しやすい箇所をまとめてみました。(水廻り4ヶ所、収納)

今回は、カビ対策について触れていきたいと思います。
主にカビが生えやすい箇所から説明していきます。

①浴室
②キッチン
③脱衣所
④トイレ
⑤各収納(クローゼット)

まず浴室ですが、住居の中でも特に注意が必要な箇所になります。
IMG_1053.jpg

IMG_1149.jpg

写真はゴムパッキンとエプロン内部になります。
主にカビは気温が20~30度で湿度は70%以上が発生しやすい環境です。
対策としては、最後に浴室を入った方が壁面パネルをシャワーで全体的に流します。
カビは石鹸カスや皮脂を栄養源にします、また冷水で流す事で浴室内の気温が下がります。
換気扇は24時間換気する事も大事になります。

エプロン内部については、月に2回くらい、清掃する事も重要です。
ポイントは定期的に清掃する事です。
カビの胞子が付着した状態が長期間続くと、取り除く事は清掃業者でも困難になる事もあります。

次はキッチンです。

IMG_1132.jpg

こちらの画像は築5年ほど経過した、冷蔵庫の裏側のクロス部分です。
冷蔵庫の裏側は湿度がこもりやすく、ホコリも蓄積しやすい箇所なので
月に一度くらいはクロスを拭き掃除をして頂くと効果的です。

又、脱衣所の洗濯機の裏側も同様に注意が必要です。
北側の洋室のクローゼットなども同様になります。

クロスが黒くならなくても、カビの胞子は付着している事が多いので
やはり定期的に【拭き掃除】がポイントになります。

アレルギーの原因となる【ダニ】ですが
カビを食べます。カビが発生する箇所はダニも同様に発生するので
カビ対策=ダニ対策になります。

浴室エプロン内部、ゴムパッキン、クロス、収納スペースを定期的に清掃する事が
有効だと、思いますので気になる方は参考にして頂ければと思います。




フロアコーティングの大切さをわかりやすく
ウェイ フォーメーション  0120-160-320

公式ホームページはhttp://www.way-f.com/
(フロアコーティングに関する情報や施工実績などお役立ち情報満載です(^◇^))



犬や猫に食べさせてはいけない物とは?

今回のテーマは【愛犬や愛猫にとってNGモノ】って。。。
に焦点を絞っていきたいと思います。

私自身も柴犬を飼っており、室内で一緒に過ごす時間も多いのですが
愛犬にNGな食事って身の回りに以外と多いんです(ー_ー)!!

ついついカワイイからってビスケットをあげたり、夕ご飯の一部を分け与えたり
人間と違って言葉を話せない為、与えてはいけないものを仕分けていきたいと思います。

【与えてはいけないもの】

ネギ類(ネギ・タマネギ・ニラ・ニンニク)

ネギの成分がヘモグロビンを破壊してしまう為
(加熱しても毒性はきえない為、注意が必要です。
ハンバーグやタマネギ入りの食材など)

チョコレート類(ココア・コーヒーなどカフェインが含まれているもの)

カカオの成分であるデオブロミンが中枢神経を破壊してしまう為
特にビターチョコなどはカカオの含有量が多い為、危険です。

フルーツ類(レーズン・ブドウなど)

はっきりとは解明されていませんが、有害性があると認められています。
個体差があり、2~3時間で嘔吐、下痢、腹痛など
症状は重い症状や軽い症状まで様々、報告されています。

イカ・タコ・貝類

加熱すれば問題ありませんが、量を多くあげる事は禁物です。
基本的に消化が悪い食材なので適しているとはいえないようです。

この他にも様々な食材がありますが
上記に挙げたモノは特に危険ですので、注意が必要です。


補足ですが、犬と猫のNG食材はほとんど同じモノだそうです。




フロアコーティングの大切さをわかりやすく

way-formation   0120-160-320

公式ホームページは http://www.way-f.com/ 
(施工実績や滑りにくい床など、フロアコーティングに関する詳細が記載しております)

ハウスクリーニング施工 水廻りBefore→After

賃貸オーナー様からの依頼です。
「入れ替わりのタイミングだけど、フローリングと水廻りのクリーニングをお願いしたい」

前回入居されたいたお客様がペットを飼っていたことから、フローリングの劣化はひどい状態です。
わんちゃんの粗相など「水分」が大きな原因です。

ワックスでは保護しきれないことから今回はフロアコーティングをご提案させていただきました。
コーティングを施工すれば劣化の進行を大きく軽減できるからです。

合わせて水廻りのクリーニングです。


施工前はこんな感じです。

ハウスクリーニングシンク施工前
ハウスクリーニング コンロ施工前
ハウスクリーニング防水パン施工前


施工後はこちら

ハウスクリーニングシンク施工後
ハウスクリーニングコンロ施工後
ハウスクリーニング防水パン施工後


フロアコーティングと合わせてハウスクリーニングの施工も可能です。
この度はご依頼ありがとうございました。



株式会社Way-formation
ホームページ http://www.way-f.com/
お問い合わせ 0120-160-320

今、知っておくべき住宅のコト~国土交通省の動きから今後を考える~


2013年 7月7日の日本経済新聞に興味深い記事が掲載されていました。

「中古流通への新基準」

現在の新築重視の政策から国が既存のストック住宅へ目を向けた記事です。

日本の不動産の価値基準に以下のものがあります。
「建物は年率5%で減価し、20年程度で価値ゼロとみるのが商慣習として定着している」(東京カンテイ)

日本の今までの不動産は【スクラップアンドビルド】と呼ばれ
既存の住宅を壊して新しい住宅を建てることが重視されています。
これからの日本を考える上で人口減少や景気の減速・環境問題などは外せないと思われます。
往来のスクラップアンドビルド型ではこれらの問題を解決できない時期に差し掛かっています。

そこで国土交通省は「中古流通への新基準」としてこれからの不動産市況に
必要な対策を検討し始めたということです。
対策の内容や税制の優遇など、全てはこれからですが国が必要性を認めたということは大きな一歩だと思います。

今後、大きな流れとして中古物件の価値は大きく見直されると考えられます。
住宅のメンテナンス履歴や修繕箇所の情報やリフォーム履歴などの情報を一元管理も検討しているようです。

新築を購入した所有者が住宅へかけた手間やコストが建物価値に反映されてくるようになるということです。
今までもそうですが、今後はより大切な住宅を長く良い状態で保つ努力が必要です。




株式会社Way-formation
フローリングコーティングについてはこちらから
お問い合わせ 0120-160-320


テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

プロフィール

ウェイフォーメーション

Author:ウェイフォーメーション
【フロアコーティング専門店】
新築・中古・在宅中のフロアコーティングを施工。
関東全域に対応しています。
最新のナノガラスを用いたコーティングを扱っています。数ある床材の一つ一つを丁寧に研究し、各床材に合わせた施工が特徴です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる